スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

schultüte シュールテューテ 

長い夏休みを経て、バイエルンでは学校が本日から始まりました。

ドイツでは小学校の新入生はSchultuete シュールテューテと呼ばれる円錐形の筒を学校にもって行きます。
ですので、本日のバスは、カラフルな円錐筒を持っているちんまい小学一年生達とそのご両親で一杯でした。

シュールテューテいろいろ

シュールテューテは、19世紀ごろから始まったドイツの風習で、円錐筒の中にはお菓子、お菓子、そしてお菓子・・や色鉛筆、おもちゃが詰まっています。大抵は両親が用意して、子供に持たせます。
バスの中では、お手製っぽいシュールテューテを持っている子も多くいましたが、デパートやスーパーなどでは既製品も売っていて、中身を自分でつめられるようになっています。

かわいいな!と思うのは、新入生の妹や弟もちいさなシュールテューテを持ってトコトコ歩いているところ。やはりおねえちゃんやおにいちゃんだけが、お菓子袋をもらうなんて耐えられませんよね。


[ 2009/09/15 18:05 ] ドイツの出来事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://muenchenpix.blog115.fc2.com/tb.php/143-7d31c3fe






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。